あなたが活躍するステージ 営業部門

あなたが活躍するステージ
営業部門

営業部門の業務内容

営業部門の仕事は、弊社が取り扱っている医療用機器を、お客様である病院、クリニック等の医師、看護師や検査技師、放射線技師といった専門職の方々に紹介し、採用いただくことが第一です。
各々を対象とした製品があるため、最終的にはそれを採用いただくことが目標です。
紹介では医療機器の製造を行っているメーカーと同行して、担当者に面会をすることもあります。メーカーの担当者は各県にひとりなど、あまり人数がいないため、まず私たちが単独で製品を紹介し、メーカーが話をできる土壌をつくることも仕事です。
また、弊社の医療機器は手術に使われるものが多いため、お客様である病院などの医師、看護師の方に手術の内容をヒアリングして、それに合った製品を用意する「貸し出し業務」もあります。
他にも、日常業務では受注した製品の納品業務、見積書作成などの事務なども業務に含まれます。

入社後に意識すべき大切なこと

お客様あっての仕事ですので、面会の時間、提出物(見積書、納品物)の期限など、“約束を守る事”が最も大切です。例えば納品業務では、「この日に患者さんが来るのでこの製品が使いたい」という医師や看護師の業務との兼ね合いがあるため納期遅れは絶対に許されません。自分で届ける際も、メーカーに発注をする際も、期限までに到着するのかというスケジュール管理をしっかり行うことが重要です。
また、私たち営業には、医療機関の担当者との人間関係を構築するコミュニケーション能力も必要です。お客様と初めて接する時には緊張するかもしれませんが、医療業務で大変忙しい方々がお客様ですので、まずは伝えたいことを要点をしぼってまとめておきましょう。その上で、その方が本当にこの製品を必要としているのか、もしくは製品を導入することでお悩みが改善されるのかといった点を、会話の中で引き出していきます。もちろん専門家ではないので、分からない言葉も出てくると思いますが、その際は素直に質問します。お客様には教え上手な方が多いので、そうすることが信頼関係構築に役立ちますし、会話の中で特別な情報や製品のヒントを聞けることもあるからです。

同僚・先輩からの指導

患者として、もしくは患者の家族として医療機関に訪れたことはあると思いますが、医療機関は特別な組織のため、まず院内の組織図や働いている職種などを学んでもらいます。また、病院内でのルール、訪問時間なども知っておく必要があります。可能な限り行うのは、新人の方との、手術室への入室ですね。手術室には触れてはいけない清潔野があり、それを知らなければトラブルになってしまうからです。
製品的な部分では、この機器がどういった診療に使われるのか、目的はなにか、同等製品を扱っているメーカーさんはどこかといったことを指導します。特にひとつの医療機器に対して製造している複数のメーカーを知っておくことは、お客様への紹介の幅を広げるために重要です。
最初の1~2ヶ月はいろいろな病院を見る意味で、多くの先輩に代わる代わる同行してもらいます。そこでまずは先輩からの指示をちゃんと守って仕事に励んでください。一ヶ月ほどで単独で納品作業ができ、1年後くらいには担当先を持っているのが目標です。

仕事の喜び

大きな病院には私たちのような医療機器の営業は何社も出入りしていますが、高額な機器であっても消耗品であっても、「あなたから買うよ」と指名を受けた時はうれしいです。個人的には手術に使用する医療機器の販売に携わっていたため、手術の打ち合わせの段階からお話に加わることも多かったです。その医師が初めて行う手術では、なるべく手術が円滑に行われるように様々な製品を紹介します。そして手術の日が近くなるにつれて、内容が決まり、使う製品も決まってきます。私たちができるのは製品の紹介や使い方のアドバイスだけですが、その手術が無事に終わった時には達成感があります。一般の企業で言えば一大プロジェクトが終わったようなものですし、医療の一翼を担っていると実感できる瞬間ですね。

メーカーや医師との二人三脚で、
医療現場に貢献する日々が待っています。

営業部門スタッフのある1日のスケジュール

8:30~ 出社~仕事の準備
9:00~12:00 納品書発行、メーカー担当者との電話打ち合わせ、到着した納品物の積み込み、その後病院、クリニックなどへの納品先まわり
12:00~13:00 医師や院長などと商談
13:00~14:00 昼食
14:00~18:00 納品、見積書提出、お客様への製品紹介
18:00~19:00 医療施設の閉まるタイミングで医師や院長などと商談
19:00~19:30 帰社後、見積書作成、メーカー商談、打ち合わせなど
19:30 退社